PEACH JOHN THE MAGAZINE

カテゴリー

BACK TO TOPPAGE

商品(PRODUCT)の背景にある物語、 こだわり抜いている人たち(PEOPLE)の心意気、 新しいワクワクを感じさせるファッショントレンド(TREND)、 PJの世界を表現し続けるストア(STORES)…

なかなかお客様に伝えきれない裏側のストーリーを紹介する、 「PEACHJOHN THE MAGAZINE」

プロデュースするのは、「いつもお客様に楽しんでもらいたい!」「もっともっとお客様に好き!を届けたい!」と熱い思いをもった女性スタッフ達。 私たちが大好きなモノ、楽しいと感じるコトを、もっともっと伝えたい! という思いで、立ち上げたウェブマガジンです。「PEACHJOHN THE MAGAZINE」は毎週更新。


閉じる

カテゴリー

人気記事

2016/3/1

THE RUMIKO’S Philosophy #68

美しくなるにはどうすればいい?今の日本女性たちはRUMIKOさんの眼にはどう映っているの?トップメイクアップアーティストとして世界で活躍してきたRUMIKOさんにグローバルな美学をうかがいました!

 

女性の美しさの本質とは?

 

RUMIKO × PEACH JOHN
Special collaboration

 

美しさを外見のことと考える人は多いですが、やっぱり中身だと思います。若いうちは何をしても輝いているのが歳を重ねていくとそれまでの生き方や中身が表に出てくる。NYにいた時は、かっこいい大人の女性にたくさん会いました。みんな自分がやりたいことを目指してがんばっているし、生きがいを持っている。そういうところが素敵なんだと学びました。健康であること、ハッピーであること、スマイルを忘れないこと、教養を身につけること。特に大人としての知識や素養を育てることが大切だと思います。

 

日本の女性はどう見えますか?

 

日本の女性は美に対してすごく一生懸命。基本的にお肌もキレイだし品もあって、外見の美しい女性は多いと思います。わたしがブランドを始めた15年くらい前に比べると、一人一人個性があって自分らしい美しさを持つ女性が増えたと思います。
でも、まだちょっと幼稚かなと思うこともあります。欧米では若い人はよくても、大人だと幼稚ではモテない。やはり洗練された成熟した女性が素敵だと思われます。でも日本ではなぜかメイクや立ち振る舞いが幼い人が多い気がします。その方が男性にモテるのかしら?本人がそれでよければいいけれど、ちょっとインターナショナルではないな、と思います。女性の可愛さ、というのは「大人っぽい可愛さ」とか「可愛いセクシーさ」であって幼さとは違う。もちろん女性だから男性にモテたいっていうのはわかるけれど、それ以前に自分というものをしっかり持って、男性にモテるためではなく、自分が美しいと思える自分を目指してほしいですね。

 

今回のコラボ商品に込めた思い

 

 

ピーチ・ジョンさんのイメージは、ランジェリーブランドらしいセクシーな可愛らしさ。理想のボディラインや質感は人それぞれですが、個人的には痩せすぎよりちょっとふっくらしたほうが女性らしくていいなと思います。そんな触りたくなる質感を目指す商品として、バストクリームとボディスクラブを選びました。

ボムバストクリーム プレミアムは、既存のオリジナルのものを使ってみて本当に気に入ったんです。コラボするなら、これをもっとリッチにしたいと思いました。それで特徴成分を倍にして金箔やピンクカプセルを入れてみました。

ボムバストクリーム プレミアム ¥4,980+税

 

 

ボディスクラブ プレミアムはソルトだとわたしは沁みてしまうのでシュガーで作りました。保湿効果も高めて、とってもしっとりつるつるのお肌になります。

20160301_見出し3_3

ボディスクラブ プレミアム ¥3,980+税

 

グロウリップスはやっぱりリップスティックより誰でもつけやすいアイテム。最近までは赤やボルドーなど濃いカラーが流行っていましたが、この春はもっと軽やかな色だなと思って可愛らしいライトピンクと、洗練されたコーラルベージュの2色を作りました。つける時はベースにナチュラルに素肌感を残してこのツヤをいかすのがポイントです。

20160301_見出し3_4

グロウリップス ¥2,500+税

 

 

RUMIKOさんがグロウリップスのおすすめの塗り方を直伝してくれました。

 

 

RUMIKOさんのこだわりが詰まったアイテムたちで春の美容、メイクアップを楽しんでみては♪

RUMIKO × PEACH JOHN コラボアイテムはこちら>>

アイコンの簡単な説明をいれてください。

ビューティクリエイター
RUMIKO:

1980年 ニューヨークに拠点を移しメイクアップアーティストとして活動開始。AMERICAN VOGUEにてデビューし、世界各国の雑誌・広告等で世界のメゾン、トップモデル、ファッションフォトグラファーからの絶大な支持を受け幅広く活躍。一流ファッション誌の表紙や有名ブランドの広告を手掛け、複数の有名ハリウッド女優に専属メークを頼まれるまで成功。1997年 オリジナルブランドコスメティックス「RMK」を発表。以降15年に渡り同社にてクリエイティブディレクターを務め、2013年7月契約終了。2014年、株式会社 Office Rumikoを設立。メイクアップアーティストとしての活動を広げ、講演、教育、イベント、広告等幅広く活躍中。

My PEACH JOHNホームへ >

関連記事

ページ上部へ戻る