PEACH JOHN THE MAGAZINE

カテゴリー

BACK TO TOPPAGE

商品(PRODUCT)の背景にある物語、 こだわり抜いている人たち(PEOPLE)の心意気、 新しいワクワクを感じさせるファッショントレンド(TREND)、 PJの世界を表現し続けるストア(STORES)…

なかなかお客様に伝えきれない裏側のストーリーを紹介する、 「PEACHJOHN THE MAGAZINE」

プロデュースするのは、「いつもお客様に楽しんでもらいたい!」「もっともっとお客様に好き!を届けたい!」と熱い思いをもった女性スタッフ達。 私たちが大好きなモノ、楽しいと感じるコトを、もっともっと伝えたい! という思いで、立ち上げたウェブマガジンです。「PEACHJOHN THE MAGAZINE」は毎週更新。


閉じる

カテゴリー

人気記事

2017/3/8

きれいな素肌で新たな出会いを逃さない♡すっぴん美人になる方法#120

凍えるような寒さに悩まされる季節も、もう終わり。暖かい春の訪れはうれしいものですよね。

とはいえ、季節の変わり目は肌がナーバスな状態になりがちなので、お手入れに気を遣いたいところ。きれいな素肌だとメイクのノリも違いますし、何より気分が上がりますよね。

 

それに、きれいな素肌を手に入れれば、新しい季節にいい出会いが訪れるかも……♡

そのためにも、きちんとしたケアで“すっぴん力”を底上げしておきましょ!

 

すっぴん美肌をつくる正しいスキンケア

スキンケアの“正しい方法”をあらためて聞かれると、自分の行っている方法が正解なのか、自信がなくなってしまいませんか?ルーティンになっている毎日のスキンケアのスタイルは、なかなか見直す機会もありませんよね。そこで、美容情報サイト「キレイナビ」を運営する美容家の飯塚さんに、すっぴん美肌をつくる正しいスキンケア方法について伺いました!

 

【メイクを落とす時・洗顔時に気を付けること】

「ポイントは、時間をかけずに短時間で落とすこと。何度も洗うのは、肌の水分や油分を奪うことになるので、避けるのが賢明です。また、アイメイクなどのポイントメイクには、必ず専用のリムーバーを使用し、優しく落とすようにします。」

 

手順としては、

①ポイントメイクを落とす

②顔全体をW洗顔不要のクレンジングで落とす

がオススメです。肌への刺激は最低限におさえ、指でゴシゴシ洗わず、泡で肌をなでるように洗顔しましょう。

 

【化粧水や乳液などの正しいスキンケア方法】

「化粧水などをコットンで肌にのせる人もいますが、のせる際はコットンよりも手でケアしていくほうが肌になじむのでオススメです。目元は一番力が入りにくい薬指を使って特に慎重にケアしましょう。美顔器などの器具類は肌に負担がかかり、シミの原因になるので日常的には使わないこと。週に1回が目安です。」

 

スキンケアを手厚く行い過ぎると、肌が赤く炎症してしまうこともあるようです。

「あれもこれも」と試したりせず、自分に合ったものを最低限使うようにしましょう。

 

「いろいろな種類の化粧品を使い過ぎることは避けたほうが良いです。特に美容液は何種類も使うと、肌にとって刺激になるおそれがあるので、オススメしません。時にはオールインワンゲルだけでスキンケアを済ませ、肌を休ませるのも一つの方法です。」

 

すっぴん美肌をつくる食事

体の内側からもすっぴん美肌のサポートを!脂質や糖分が多く含まれているジャンクフードや、添加物がたくさん入った加工食品はできるだけ避け、肌に良い食材を積極的に摂りましょう。すっぴん美肌をつくる食事法についても、飯塚さんに伺いました。

 

【美肌には抗酸化作用の高い食材が効果的】

▲すっぴん美肌をつくる食事例

 

「すっぴん美肌をつくるために食事で気を付けていることは、抗酸化作用の高い食材を摂ることです。アスタキサンチンを含むサーモン、ビタミンEを含むナッツ類、アボカド、リコピンを含むトマトは毎日のように食べています。

また、食事はカラフルになるように心掛けると、栄養バランスが整うので、ビタミンを多く摂ることができます。」

①抗酸化作用の高い食材

②コラーゲンをつくるたんぱく質

③ビタミンエースと呼ばれるビタミンA、C、E

 

この3つを含む食材を積極的に食べることで、内側からの肌の状態改善が期待できます。

 

【食べ方で気を付けていること】

「夜遅い食事は太りやすくなるのはもちろん、翌日のむくみの原因にもなります。なるべく夜19時以降の食事は避けましょう。また、食べる際は一口につき20回はしっかりと噛むことを心掛けて。満腹中枢が刺激され、少量でもお腹いっぱいになるので、むくみ防止だけでなくダイエット効果も期待できます。」

 

すっぴん美人のメイク方法

やっぱり知りたいのは、すっぴん美人が実践している「肌に負担をかけない」メイク方法。しっかりメイクしているのに素肌感がある肌づくりの方法を、飯塚さんに紹介してもらいました!

 

【肌を美しく見せるにはベースメイクが決め手】

▲使用したメイク道具はこちら

①ピンク色のコントロールカラー(B)で肌を明るく整えてくすみを消してから、ファンデーション(C)を塗ります。ファンデーションはカバー力があり過ぎると老けて見えるので、薄付きタイプがオススメです。

 

②顔の外側(フェイスライン)にはあまり付けないのが、ナチュラルに見えるポイント。

 

③目の周りは目元用のファンデーション(A)で明るく整え、くすみやシワをカバーしましょう。よれることがなくなるので、アイシャドウの発色も良くなります。

 

④仕上げのフェイスパウダーにはパールが入ったタイプ(D)をチョイスし、ブラシ(E)でふんわり乗せると、肌にヴェールがかかったようにキレイに見えます。

⑤ここまでをベースメイクで仕込んでおけば、ポイントメイクも映えるすっぴん美肌の完成です!

 

 


 

スキンケア、食事、メイク方法と勉強になることばかりでしたね。

 

でも、肌をケアするのと同じくらい大切なのは表情です。どんなに素肌が美しくても、表情が冴えないと魅力的には見えませんよね。

 

誰かと一緒の時はもちろん、一人でいる時も常に口角を上げるように意識して、いきいきしたすっぴん美人を目指しましょ!

 

◆監修者プロフィール

美容家・飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容情報サイト「キレイナビ」を運営する他、JPMパーソナルメイクアドバイザー、日本ダイエット健康協会認定インストラクター、コスメコンシェルジュ等の資格を生かし、全国各地でセミナー・イベントを開催している。また、サプリメントプロデュース、雑誌やWEBでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修、通販番組出演など美容家としても活動中。

HP: http://iitsukamika.com/

 

関連記事

ページ上部へ戻る